2009年06月07日

ご報告

報告が遅くなってしまいましたが、5月25日にララが亡くなりました。

以前から腎臓は悪かったのですが、亡くなる2日前に病院に行った際の血

液検査では、数値も安定していて心臓も大丈夫と先生に言われた矢先の

事でした。前の日まで元気に過ごしていたのですが、翌日の朝母が起き

たら息を引き取っていました。



何が原因かはわかりませんが、ひょっとしたらてんかんの発作が起きた

のかもしれません。

ララの最期を看取れなかったのは非常に残念ですが、あまり苦しまなか

ったのは良かったと思います。

なにしろ亡くなる前日まで元気に歩いていたのですから。



ララはわが家に来た最初の犬です。

とってもいたずらっ子で育てるのが大変でしたが、非常に頭のいい子で

驚かされる事もたくさんありました。

そして、茶々(以前飼っていた)やブブのお姉ちゃんとしてわが家の大

黒柱のような存在でした。性格も好奇心旺盛で甘えん坊のところもあれ

ば、肝の据わった落ち着いた所も持ち合わせた犬でした。



ララは小さい頃から非常に体が丈夫な犬でした。茶々やブブと比べると

特にそう感じます。てんかんの発作を持っていましたが、それでもここ

まで長生きできたのですからね。



2年ほど前から腎臓の数値の悪化に伴い点滴を始めました。

そして、序々に食欲も無くなっていき、半年くらい前からは夜の寝つき

が悪くなっていきました。若い頃は多いときで3.5Kgあった体重が、亡く

なる前は2.5Kgまで減っていました。

点滴も、食事も、寝る事も毎日の事なのでとても大変で、これが介護な

のかと感じました。でも、夜鳴きはしなかったし、寝たきりだったわけ

ではないのでそれに比べたら大したことはないと思います。



人生の半分以上をララと過ごしてきた私にとって、ララの存在はとても

大きいものでした。そんなララがいなくなってしまってとっても寂しい

ですが、天寿をまっとうしたララをとても誇りに思います。

もうこんな犬には二度と会えないと思いますが、私の人生はこれからま

だまだ続くので、ララと過ごした思い出を大切にしながら次に迎える

犬(笑)たちと楽しく過ごせたらと考えています。



DSC_1000_13_1.JPG

ララちゃん、家に来てくれてありがとうわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

ララちゃんバイバイ手(パー)

ニックネーム ララっ子 at 20:13 | TrackBack(0) | ララ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする